RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Diary / Ruth / Tsuchida Sanae / Flower Coordinator

<< クラッチブーケ | main | Flower Fairies >>
かわいいイギリスの雑貨と町
かわいいイギリスの雑貨と町
かわいいイギリスの雑貨と町
大段 まちこ,堀江 直子

toteでこの本が気になっていたので、ゲットしてきて、懐かしさにひたっています☆☆
私がいたのはランカシャー州プレストンという田舎まち、しかもプレストンからバスで20分くらいのさらに田舎のグースナーというところにいました。
この本にもでてくるプディングの話は、とってもなつかしい。
私の場合、ホストマザーのルースがよくデザートに『スティキ・トフィ・プディング』が美味しいパブに連れて行ってくれたり、この『スティキ・トフィ・プディング♪』をはじめて聞いた時、スペルがわからず、早口でまるで歌のフレーズのようで、特にルースがとがった口で可愛く言うので、その言葉をきくとなんか楽しくなったのを思い出します。パブといってもイギリスはかわいいカフェだったり、レストランだったり、居酒屋ぽかったり、そのお店によって色々です。
あと、あと〜、洗濯ものを干すパラソルもなつかしいです。庭にセッティングできる穴があって、そこに大きいサイズの傘の骨組みのようなパラソルをさしこみ、しかもまっすぐではなく、すこしばかりかたよってもOKだったりして…、そこに洗濯ものをそのパラソルを回しながら木の洗濯バサミでおさえます。
この本はとってもそぼくで写真も自然な風景でとってもかわいいです。
これがイギリスだな〜と思います。
写真はtoteさんでもおなじみのカップケーキです。

| favorite | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。